牛タン焼きは仙台が発祥地で昭和23年に専門店を開いたのが始まり

牛タン焼きは仙台が発祥地で昭和23年に専門店を開いたのが始まり

独特な食感とさっぱりとした味わいが、老若男女から人気な焼肉の部位が牛タンです。
味の美味しさはもちろんのこと栄養分が豊富で脂質をエネルギーに変えてくれるビタミンB2とパントテン酸を多く含み、他の肉と比較してもヘルシーなことも人気を集める理由となっています。
牛タン焼きは宮城県仙台市が発祥地と言われていて、市内にはたくさんの専門店が存在していて日本全国から本場の味を求めて訪れる観光客も多いです。
今やご当地グルメとして全国的にも有名な牛タン焼きは、太平洋戦争終結後の昭和23年で専門店を開いたことが始まりとされています。
牛タンは牛1頭から一本しか取れない希少価値の高いもので、下の部位によっても硬さや脂の入りが違うので食べやすくする為に職人が行なう下処理や熟成期間など前準備が美味しさの決め手となります。
本場の味を堪能したいという人は、仙台市にある専門店を訪れて本物の味を一度試してみることをおすすめします。

牛タンを美味しく食べるための下処理作業とは?

牛タンといえば焼肉用に薄くカットされたものをスーパーで購入するという方が大半でしたが、最近では目的に応じて適切な厚みを切ることができる牛タンブロックの状態で販売されることも増えてきました。
ブロックならば薄く切って焼いて食べることはもちろん、厚みのある状態で圧力鍋で煮込んでシチューとして食べるなど色々なレパートリーで楽しむことができるメリットがあります。
お店で牛タンブロックを手に入れた場合、そのまま食べてしまう方は多いですが下処理作業が済んでいないので、臭みを感じる可能性が高いです。
そこで事前に行うべき下処理作業が血抜きは、まず軽く水で洗ってから水に1時間ほど浸しておきましょう。
この方法を約2~3回ほど繰り返して最後に水を拭き取れば完了です。
水に浸す以外にも重曹を使用する方法もあり、重曹は地の臭みを取り除くだけではなく、柔らかくする効果もあるので自宅にある場合は活用することをおすすめします。

牛タンに関する情報サイト
牛タンを知ろう

当サイトでは牛タン初心者でも分かりやすい下処理の仕方をご紹介しています。下ごしらえの仕方次第で外国産でも美味しく調理できるので、ぜひ参考にしてみてください。牛のタンは大きく分けると4つの部位になります。それぞれの違いを知っておくと役立つでしょう。仙台名物として知られる、定番の牛のタンを焼いた料理は仙台が発祥地で昭和23年に専門店を開いたのが始まりといわれています。このような知っておきたい情報を掲載しているサイトです。

Search